この記事は 1 人が閲覧しています。

Toxic

Youtubeの再生回数
解説

「トキシック」(英: Toxic=毒)は、ブリトニー・スピアーズが2004年に発売したシングルCD。「ベイビー・ワン・モア・タイム」や「ウップス…! アイ・ディド・イット・アゲイン」とともにブリトニーを代表する一曲に数えられている。「トキシック」は4thアルバム『イン・ザ・ゾーン』からのシングルカットで多くの国でチャート一位に輝くなど国際的な成功を収めたほか、グラミー賞でもBest Dance Recording賞を獲得した。
また「トキシック」はブリトニーの曲の中でも最も別のアーティストにカバーされている楽曲の一つでもある。


== 評価とチャートパフォーマンス ==
「トキシック」は評論家からも音楽業界からも非常に高い評価を受けており、2005年にはブリトニーにとって初めてとなるグラミー賞受賞を実現させた。Pazz & Jop紙は2004年に全米で発売したシングルの中で5番目に高い評価を「トキシック」に与えたほか、他の多くの音楽雑誌も21世紀になって発売されたシングルCDの中でも最高級の評価を与えているところもおおい。またソニー・エリクソンが世界規模で行った調査では、クイーンの「We Are the Champions」に続き世界で最も好きな曲第二位に選ばれた。
チャートでは、アメリカ合衆国のビルボードHot 100チャートで9位にランクインしたほかダウンロードチャートとラジオチャートでは1位を獲得した。世界的にも「トキシック」は2004年で最もヒットしたシングルの一曲となり、オーストラリアやカナダでは総合チャートで1位を獲得しイギリスでは1位に輝いた「トキシック」とそれまで1位であったカイリー・ミノーグの“Red Blooded Woman”とのチャートでの対決が大きく注目された。

Toxic の口コミ

スポンサーリンク

Britney Spears の人気曲!
Britney Spears とコラボしたアーティスト!
Wikipedia の項目を Creative Commons Attribution CC-BY-SA 4.0 に基づき二次利用しています。

スポンサーリンク