この記事は 456 人が閲覧しています。

Alright

Youtubeの再生回数
解説

この曲もそうだが、この曲が収録されているアルバム「To Pimp A Butterfly」は2016年にグラミー賞を受賞している。このアルバムは、奴隷制時代から続くアフリカ系アメリカ人の人種問題を正面から取り上げたコンセプトアルバムとなっている。その中でもこの「Alright」は「俺たちはサツが嫌い。奴らは俺たちを道端で殺したがってる」と真っ向から現代社会を皮肉っていて話題になった。そしてMVでは、Kendrickが白人警察に撃たれるシーンもあり、今でも続いている黒人差別を残酷に描いている作品となっている。ちなみに「To Pimp A Butterfly」はハーバード大学の図書館に収蔵されていて、その上Kendrickの曲の歌詞がハーバード大学の授業に取り入れられることもあるそうだ。余談だが、FOXニュースでもこの曲が取り上げられ、そこでは「若いアフリカ系アメリカ人にとってヒップホップは人種差別より損害を与える。これは明らかに間違ったメッセージだ」といった発言が見られた。だがKendrickは「希望の曲がどうしたら憎悪の曲に変わるんだよ。『皆大丈夫さ』というメッセージであって、『人々を殺せ』というメッセージではない。若い少年たちが殺されているという真実を避けられてるけど、これは本当のことなんだ。ヒップホップが問題ではないし、これが俺たちの音楽なんだ」と反論した上で「BLOOD.」と「DNA.」にニュースキャスターと専門家との会話の音源を入れてリリースをしている。ヒットが狙える曲でもアルバムのコンセプトにそぐわないとお蔵入りにするKendrickの究極の一曲をお楽しみあれ。

Kendrick Lamar(ケンドリックラマー) はどんなアーティスト?

ケンドリック・ラマー・ダックワーズ(Kendrick Lamar Duckworth、1987年6月17日 - )は、アメリカ合衆国のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサーである。度々「ヒップホップの新王者」と称される。カリフォルニア州コンプトンで育ったラマーは、K-Dotという芸名で10代の頃に音楽活動を開始し、地元で注目を集めたミックステープを発売後、インディーズレーベルTop Dawg Entertainment(以下TDE)と契約。2010年、最初の小売発売となった『Overly Dedicated』を発売後、認知され始めた。翌年、デビューシングル「HiiiPoWeR」を含む最初のスタジオ・アルバム『Section.80』を発売。それまでに彼は、ゲーム、バスタ・ライムス、スヌープ・ドッグを含む何人かの有名なヒップホップアーティストとコラボレーションした。2012年にTDE、アフターマス、インタースコープからメジャー・デビュー・アルバム『グッド・キッド、マッド・シティー』が発売され、批評家から高い評価を受けた。また、Billboard 200で最高2位を記録し、後にRIAAよりプラチナ認定を受けるなど商業的にも成功を収めた。加えて、アルバムは「スウィミング・プールス(ドランク)」、「ビッチ、ドント・キル・マイ・ヴァイブfeat.ジェイ・Z」、「ポエティック・ジャスティスfeat.ドレイク」といったトップ40シングルを生み出した。2015年に発売した3枚目のアルバム『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』は、ファンク、ソウル、ジャズ、スポークン・ワードの要素を取り入れており、こちらも高い評価を受けた。

詳しくはこちらから
解説を書いた人
  1. なるべくマニアックな曲を紹介できるよう頑張っています。記事だけでなく、曲も楽しんでくださいね。
    やなぎぃ
Alright の口コミ

スポンサーリンク

Kendrick Lamar(ケンドリックラマー) の人気曲!
Kendrick Lamar(ケンドリックラマー) とコラボしたアーティスト!

スポンサーリンク