Close
みんなの洋楽ランキング: Stressed Out のサムネイル

40

Stressed Out
2016年間チャート オシャレ
2016年の年間5位のメガヒットを記録した「Stressed Out」は、ニート生活をしていた経験から歌詞が描かれています。なかなか良い歌詞や音楽が生まれない葛藤と、その状況下で生まれるストレスについて、苦しい環境にいたことが伺えます。歌詞にも「昔は夢を見たもんだ。でも今は、働けって笑われる」と皮肉を歌っています。売れてよかったですね!
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Party Rock Anthem のサムネイル

38

Party Rock Anthem
2011年間チャート ノリノリ チャラい
「Party Rock Anthem」は、イギリスの歌手Lauren Bennettとアメリカの音楽プロデューサー、GoonRockを取り入れたアメリカの音楽デュオLMFAOの曲です。2011年の第2アルバム「Sorry for Party Rocking」から初のシングルとしてリリースされました。 オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、アイスランド、アイルランド、ニュージーランド、スイス、英国、米国で1位に入った。フィンランド、イタリア、ノルウェー、ポーランド、スウェーデンでもトップ5に達しました。オーストラリアでは全期間ベストセラーです。世界中で、2011年の第3位のベストセラーのデジタルシングルで、売り上げは970万枚です。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Rude のサムネイル

37

Rude
2014年間チャート ノリノリ 結婚式
2014年に大ヒットし、年間ランキング7位を記録したMAGIC!の「Rude」は、タイトルの通り「無礼だ!!」という歌詞になっています。婚約者の親に対して「娘さんと結婚させてくれませんか?」というものの「残念だったな、若造、答えはノーだ」と言われてしまいます。その親に対して「なんでそんなに無礼なんだ!!おれも人間だってわかってくれてるのか!!」とひたすら嘆いている曲となります。絶対結婚してやる!と強い気持ちが、緩やかな曲調と合間って素敵な曲に仕上がっています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Watch Me のサムネイル

36

Watch Me
ダンスが面白い! すぐに覚えられる歌詞 2015年間チャート
「誰だかわかってるだろ!サイレント×3!さぁはじめようぜ!」いや、誰だよwwwってツッコミを入れたくなるところから始まるサイレントの「Watch Me」は2016年に一世を風靡したダンスミュージックです。歌詞の内容が今までの曲と全く異なり、ダンスの振付をひたすら連呼しています。ウィップ、ネイネイ、スタンギーレッグなどダンス用語と「俺を見ろ!」としか歌っていないことが特徴です。この曲が大ヒットしていた当初、このMVは公開されておらず、視聴者がこの曲でダンスを投稿してました。その視聴者がダンスをした投稿を集めた内容がMVに公開されていて、ダンス動画がバズった女の子(youtubeに投稿した女の子)がサイレントのMVでも踊っています。曲もダンスもMVの出し方も素晴らしく、世界中のファンを虜にしたサイレントはまだ20歳なので、今後が楽しみです。ちなみに筆者は生でダンスを見たことがあります(笑)
動画と解説をみる >
スポンサーリンク
みんなの洋楽ランキング: Treat You Better のサムネイル

34

Treat You Better
2016年 年間28位
「Treat You Better 〜 僕なら君を絶対に大切にする」と日本では訳されている(すごくダサい)この曲は三角関係に対するイザコザを表現しています。Treat You Betterは2016年の年間洋楽ランキングの28位を記録しており、youtubeの再生回数もそろそろ16億回に突破するかもしれません。Treat You Betterは三角関係に対して僕の方が大切にするよと訴えかけていて、恋心を抱いている女性はDV的な仕打ちを受けてる印象が想像出来ます。なかなか大人な歌詞ですが、ショーンメンデスはまだ未成年です。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Love The Way You Lie のサムネイル

33

Love The Way You Lie
2010年 年間7位 実はカバー曲 大復活
4年間も表舞台から姿を消し、暗黒の薬物中毒時代を乗り越えて出したアルバム「Recovery」でグラミー賞最優秀ラップアルバムを受賞し完全復活。 その中でも、Skylar Greyが歌うLove The Way You Lieをサンプリングしたこの曲はリアーナをフィーチャリングで迎えた効果もあり世界的に大ヒット。 DVの被害者と加害者として経験した二人だからこそ、歌詞の意味もより一層深く感じられる曲となっています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Worth It のサムネイル

32

Worth It
2015年 年間23位 女性ファンを虜に
フィフスハーモニーの「Worth It」は世界中の女性ファンを虜にした男性への挑発曲です。Youtube再生回数も15億回を記録(2018年6月現在)し、2015年の年間洋楽ランキングでは23位となっています。「Give it to me I'm worth it(私に頂戴、私にはその価値がある」と自信満々の強い女性を演じ、トランペットのバックサウンドとあいまって強く、女性らしさを備えたかっこいい曲となっています。トランペットサウンドの曲はヒットする傾向にあるので、聴かれてない方は注目していはいかがでしょうか。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Wake Me Up! のサムネイル

31

Wake Me Up!
追悼 EDM 大ヒット
Avich(アヴィーチ)の最大のヒット曲であり、Youtube再生回数も脅威の15億回を記録しており最近では最大のEDMソングとして不動の地位を築きました。この曲を作った2018年4月20日に28歳という若さで亡くなってしまいました。Wake Me Upは僕を呼び起こしてくれと訳され、アヴィーチ自信の葛藤を描いているように思えます。恐らく、夢を追い続けているアヴィーチが自分の道が見えず迷子になっていたらいつか正しい道に気付かせてくれと言うメッセージな込められている歌詞となっています。ここまでのスターになったアヴィーチでも様々な葛藤があって自分を追い詰めてしまったんじゃないかと感じる曲です。ちなみに歌手はAloe Blacと言うR&Bシンガーの方が歌われています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Love Me Like You Do のサムネイル

30

Love Me Like You Do
結婚式 フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ サントラ
大ヒット映画である「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の挿入歌として使われている「Love Me Like You Do」はエリーゴールディングの大ヒット曲となっています。サビの「Love Me Like You Do la la Love Me Like You Do」とひたすらあなたらしく私を愛してと歌っています。バラード曲ですが、韻がしっかり踏まれていてただのバラードではない聴きやすい曲調となっています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Chandelier のサムネイル

29

Chandelier
天才子役 CMソング 歌うますぎ
アメリカの美少女天才ダンサーのマディー・ジーグラーが出演したMVが注目され、大ヒットとなったシーアのChandelierは、パーティで盛り上がっているだけの人生で現実と向き合えないパーティガールを歌っています。日々お酒を大量に飲み、都合の良い女性はその煌びやかな世界からぬけだせず、「今夜さえ乗り切れれば、、」ともうどうしようもない人を演じています。シャンデリアは灯りが灯っているシャンデリアをあらわしており、煌びやかな世界、つまりシャンデリアにぶら下がっているだけでこのままだと堕ちてしまう様子を描いておりますが、この表現を変えるだけでいろんな意味に解釈出来るのもシャンデリアの面白いところです。歌詞も素敵なのですが、この歌唱力と天才少女が華麗に踊る姿が他にはない世界観を出していて、これだけ大ヒットするのも頷ける作品となっています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Rockabye のサムネイル

28

Rockabye
コラボ 曲から想像出来ない歌詞 アゲアゲ
2016年に大ヒットしたクリーン・バンディットのRockabyeはイギリスのシンガーであるアン・マリーとレゲエの王様、ショーン・ポールによって歌われています。この曲を知ったときは今どきのイケイケミュージックと思いましたが、シングルマザーが必死で子どもを守る様子が歌われてます。サビの部分の「So, rockabye baby, rockabye,I'm gonna rock you…」は赤ちゃんをあやしている様子が語られています。ここでショーン・ポールは別れた旦那さん役を演じてるかと思いきや、シングルマザーを全力で応援している人(一体だれなのか。。)を演じています。クリーン・バンディットの音楽は、ストーリーがあるので意味を知っても曲を聴いても楽しめるので、他の曲も要チェックですね!
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: We Don't Talk Anymore のサムネイル

26

We Don't Talk Anymore
元恋人 コラボ
チャーリープースとお騒がせセレブのセリーナゴメスがコラボした「We Don't Talk Anymore」はちょっと恋愛関係に冷めてしまった男女の恋心を歌っています。チャーリープースは未練タラタラな男役を演じ、セリーナゴメスは他に好きな人が出来てしまった女性が彼に対して情を持つ様子を描いています。なんと!「We Don’t Talk Anymore」は、なんとセレーナとの交際からインスピレーションを受けた作品で、架空の話でなくリアルな体験を歌っているそう。「Attention」でもセリーナゴメスへの未練を歌っており、チャーリープースは振り回されてた様子が伺えます。さらに「We Don’t Talk Anymore」は日本にいるときにホテルでサウンドを作られたので、日本的な風情を感じられる作品になっています。
動画と解説をみる >
スポンサーリンク
みんなの洋楽ランキング: Baby のサムネイル

24

Baby
かわいい コラボ 声変わり前
この曲を歌っていた当時15歳の頃、 「日本よりもはるかにナヨナヨした男性が嫌われる文化において、彼の女の子のような高い声は耳についてうざい」 と全米No.1クラスの嫌われ者だった。 ちなみに、コラボしているLudacrisはラッパーでありながら、ワイルド・スピードシリーズで「テズ」役としてレギュラー出演しているので、日本でもご存知の方が多いのでは。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Mi Gente のサムネイル

23

Mi Gente
ラテンミュージック 英語じゃない アゲアゲ
“Mi Gente” (ミ・ヘンテ)はラテン系アーティストのJ Balvin, Willy William (ジェイ・ バルヴィン, ウィリー・ウィリアム)からなる曲です。 “Mi Gente” (ミ・ヘンテ)は英語でMy Peopleと言い、「俺が楽しい曲を生み出すから正解中のみんなが俺たちのこと好きだよ」とタイトル通りの歌詞となっています。この曲はBailando、Despacitoに続いてとてつもない再生回数を記録しています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Closer のサムネイル

19

Closer
2016年間チャート 2017年間チャート メガヒット
サビの歌詞の1小節ごとの最後の単語、 「Closer、Rover、afford、shoulder、corner、stole、Boulder、older」 すべてに【o】が、ほとんどに【er】が含まれている。 つまり、これでもか!ってくらい韻をふんでいる。 この魔法の羅列が、音楽を聞き終えた後も、 自然と頭に残るような歌詞リズムになっています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: All About That Bass のサムネイル

18

All About That Bass
2014年間チャート デビュー曲 かわいい
Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)のAll About That Bassは2014年の年間ランキング8位を獲得し大ヒットを記録しました。All About That Bassでは、アメリカで社会問題となっている若い女の子の体型に対して「あなたちちは自分が太ってると思ってるわよね。教えてあげる。あなたたちはそのままで完璧なんだから。上から下まで全身ね」と歌っていて、女の子たちに勇気付ける一曲となっています。歌詞の特徴として「bass」は重低音、つまり重い、太っていると言う意味で「treble」は高音で細い、痩せているとかけていることで韻を踏んだリズミカルな曲調に仕上がっています。メーガンのような太っていてダンスも歌もラップも出来る女性がトップアーティストになると世の中の体型に対する意識が変わりそうですね。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Blank Space のサムネイル

16

Blank Space
2015年間チャート MVが面白い
テイラーに対するメディアの見方を上手く逆手にとったMVになってます。 メディアでは、テイラーと付き合えば、別れた後必ず曲にされるというレッテルが貼られています。。。 これを逆手にとって面白おかしく自虐ネタをするテイラーにセンスを感じます。
動画と解説をみる >
スポンサーリンク
みんなの洋楽ランキング: Lean On のサムネイル

15

Lean On
EDM ノリノリ かっこいい
大人気のDJであるDJ Snakeから生み出された2015年に大ヒットした「Lean On」はYoutubeの再生回数のみならず、Spotifyのストリーミング数が10億回を超えているメガヒットとなっています。この曲はDJ Snakeがインドでインスピレーションを受けて作った曲でPVもインドをモチーフに作られています。歌詞の「Blow a kiss, fire a gun」は「キスをして、銃を撃つ」と言う内容ではなく「投げキッスをして」と言う意味だそうです。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Counting Stars のサムネイル

13

Counting Stars
2014年間チャート 元気になる
この曲は本当に大切なもののために人生をおくることを歌ったものである。 Ryan Tedderが「よくベッドで寝付けないまま悶々としてた。誰にも経験があると思う。それでふと思った。今すぐにでも金勘定なんか忘れて星を眺めよう。そうすればもっと物事が上手くいくはずだって」と語っている。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Dark Horse のサムネイル

12

Dark Horse
賛否両論 2014年間チャート PVがオシャレ
Roarに続き、メガヒットとなり2014の年間ランキング2位を記録した「 Dark Horse」 はケイティペリーが悪い女王役で魔法を使い「私のものになったら逃げられない」といった悪女を演出しています。正直曲は暗くてあまり良いとは感じられないのですが、PVが豪華なので視覚的に楽しめる曲なのかもしれません。このPVでケイティは何人もの男性を殺してしまうのですが、宗教的な理由もありとても批判が相次いだ曲でした。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Thinking Out Loud のサムネイル

11

Thinking Out Loud
2015年間チャート エド・シーランがダンス 結婚
2016年の年間二位を記録した「Thinking Out Loud」。 この曲ではエドシーランが70になった奥さんへ「23のときと愛は変わらないよ」と語っています。これは彼女であるチェリーシーボーンに対して歌っているのかわかりませんが、おそらくそうだろうと思います。エドシーランらしいラブバラードで、PVには本人が出演し実際に踊っています。かなり練習したそうで何度も失敗したりして頑張っている様子がYoutubeにありますので、興味のある方は見て頂けたらとおもいます。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Roar のサムネイル

9

Roar
ターザン 大ヒット 2013年間チャート
2014年に大ヒットした「Roar」。メガヒットしたアルバム「Teenage Dream」から続けてノリに乗っているときにリリースしました。今までのケイティとは違うダイナミックな音楽とPVはファンのみならず、様々な人々に受け入れられたようですね。Youtubeの再生回数が全体的に増えたのもこの時期なので、いわばYoutube駆け出しの曲といってもよいのではないでしょうか。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Shake It Off のサムネイル

8

Shake It Off
路線変更 ノリノリ
テイラーと年だった2014年に大ヒットした「Shake it off」は、元恋人であったワンダイレクションのハリースタイルズのファンからのパッシングを受けても「気にしないぜ!」というテイラー自身のメッセージが込められている曲です。この曲も盗用したと話題になり訴えられていましたが却下されました。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Sugar のサムネイル

7

Sugar
結婚式 豪華 2015年間チャート
こちらは2015年に大ヒットしたマルーン5のSugerです。もともとMike Ponser の楽曲でアルバムに収録される予定でしたが、レコード会社の変更があり、マルーン5に提供されるようになりました。このPVでは結婚式にサプライズでマルーン5が登場すると言う内容で、新郎新婦の他に同席していた人たちも大喜びしているシーンが見受けられてとても幸せなPVとなっています。意外にもボーカルのアダムは「マルーン5のファンじゃなくて盛り上がらなかったらどうしよう」と考えていたそうです。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Sorry のサムネイル

6

Sorry
大復活 謝りすぎ 2016年間チャート
2016年の年間ビルボードランキング第2位を獲得した「Sorry」は元恋人であったセリーナゴメスに対して必死で謝っている歌詞となっています。この二人の恋愛劇はいつになったら収まるのかわかりませんが、正式に別れたって記事がありましたので破局したのかもしれません(何度目かわかりませんが、、)このPVはジャスティンが写ってないのに29億回再生も突破しています。恐るべきジャスティンビーバー。。
動画と解説をみる >
スポンサーリンク
みんなの洋楽ランキング: Gangnam Style のサムネイル

5

Gangnam Style
PSY
アジアで大成功 再生回数疑惑 世界が注目
2012年に世界中で大ヒットしたPSYの「GANGNAM STYLE」。小太りのおじさんがお金持ちが多い江南地区の女性に対してアプローチをしている歌詞と、乗馬ダンスといった皮肉たっぷりなパフォーマンスで世界中でヒットしました。さらに驚異的なスピードでYoutubeの再生回数を増やし、世界中の注目の的となりましたが、不正なアクセス稼ぎをしたとの問題が上がり、Youtubeの回数カウントの仕組みが見直されたほどです。ただ、再生回数をマーケティングツールとして使う先見の明やライブパフォーマンスの盛り上がり方から、この再生回数は妥当ではないかとの意見があることも事実ではあります。ビルボードランキングもアジア圏のアーティストが参入できる余地があることを証明した名曲です。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Uptown Funk! のサムネイル

4

Uptown Funk!
2015年間チャート 年間1位 アゲアゲ
2015年の最大のヒット曲である「Uptown Funk」はマークロンソンとブルーノマーズのコラボ曲で、ほとんど主役はブルーノマーズです。ブルーノマーズが築いた80年代のファンクミュージックを世界中に知らしめた一曲となっていて、ライブパフォーマンスも当時を彷彿とさせるような盛り上がりと歌唱力の高さを見せています。80年代を意識し過ぎてCollageと言う歌手に訴えられています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: See You Again のサムネイル

3

See You Again
2015年間チャート ポール・ウォーカーに捧ぐ 追悼
不正で再生数を稼いでいたとされる「カンナムスタイル」を抜いて再生回数でトップに躍り出ました(現在はDespacinoに抜かされてしまいましたが、)。『ワイルド・スピード SKY MISSION』で使用されている曲で、完成前に交通事故で亡くなってしまったポールウォーカーの追悼ソングです。最後の「Aah oh, aah oh」という歌詞ですが、ポールウォーカーが亡くなって大泣きしているイメージが再現されていて非常に奥深い曲となっています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Shape of You  のサムネイル

2

Shape of You
2017年間チャート エド・シーランで一番売れた曲
* 2017年の年間ビルボードランキング第1位のこの曲は、エドシーランの大ヒットの「Thinking out loud」や「Photograph」とはちょっと変わったリズミカルな曲となっています。なぜこのようなリズミカルな曲に仕上がっているかと言うと、実はこの曲、リアーナに提供するために作った曲でリアーナに合うようにちょっと大人めな歌詞と曲調を意識したそうです(始めはリトルミックスに提供しようとしてたようです)。ちなみにエドシーランが提供した代表曲はジャスティンビーバーの「Love YourSelf」で、この曲も2016年の年間ビルボードランキング第1位を獲得しています。
動画と解説をみる >
みんなの洋楽ランキング: Despacito のサムネイル

1

Despacito
再生回数歴代No1 2017年間チャート
ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーによる曲「Despacito」が世界的に流行しました。Spotifyで歴代ストリーミング数の一位を獲得し、Youtubeではダントツの49.7億再生(3/27現在)。SpotifyやYoutubeが世界の音楽シーンを引っ張っているコンテンツで歴代を制覇し、さらにジャスティンビーバーが英語とスペイン語で歌うRemixを出したことでメガヒットになりました。ダントツでトップのこの記録は破られることはあるんでしょうか。今後も注目です。
動画と解説をみる >

スポンサーリンク